ベータカロテンは2つの役割を兼ね備えている

ベータカロテンは2つの役割を兼ね備えている

ベータカロテンは緑黄色野菜に豊富に含まれている栄養成分で、
体に吸収される時にビタミンAに変化するので、抗酸化物質としての働きと、ビタミンAとしての役割の2つを兼ね備えています。

 

ベータカロテンがたくさん含まれている食品

 

ベータカロテンはカロテノイドという黄色や赤色の色素のことで強い抗酸化力を持っているのが特徴です。活性酸素を除去することができるので生活習慣病の予防に役立ちます。

 

この栄養素はニンジンやカボチャなどの野菜やみかんやスイカなどの果物に多く含まれています。

 

ベータカロテンの摂取法について

 

みかんを食べすぎると手が黄色くなりますが、これはみかんのカロテノイドによって、血中のカロテノイド濃度が高まることで起きる症状です。病気ではありませんが、黄色くなってしまうので外出するのをためらったりしてしまいます。
ベータカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が高まるので、カボチャやニンジンをオリーブオイルなどで炒めると抗酸化作用の高い料理になります。
この他にも油に溶けやすいビタミンはたくさんあるので、脂溶性と水溶性のビタミンの性質を考えて調理することが大切です。

 

ベータカロテンの美肌効果

 

ビタミンAに変化したベータカロテンは皮膚の新陳代謝を高める作用があるので、外気による乾燥や細菌の繁殖による炎症を抑える働きがあります。
毎日のスキンケアだけでなく、食事からベータカロテンを摂取することで美肌を維持することができます。

 

ベータカロテンの抗酸化作用について

 

活性酸素は人間が生きている間はずっと作られ続ける物質ですが、放置していると細胞を作っているたんぱく質や脂質、DNAがダメージを受けてガン化しやすくなります。

 

これを防ぐことができるのがビタミンAの新陳代謝を活発化させる能力で、これによって細胞が新しく生まれ変わるので、ガン化を効果的に防ぐことができます。

 

またDNAの損傷を防止する効果もあるのでガンの予防や抑制をする力が強いとされています。"