妊娠中に便秘になりやすい原因と効果的な対策

妊娠中に便秘になりやすい原因と効果的な対策

妊娠すると身体に様々な変化が起こります。
便秘もその一つです。妊娠中に便秘で悩んでいる方の為に、便秘になりやすい原因と効果的な対策を紹介します。

 

ホルモン変化や子宮の拡大が原因の便秘

 

妊娠をすると体内のホルモンバランスが変化し「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増加します。プロゲステロンは妊娠を継続させる働きがありながら、胃や腸にある筋肉を緩め、消化器官のぜんどう運動を低下しやすくする作用もあります。そして、便を下に押し出す力が弱まる事で便秘になりやすくなります。さらに、妊娠を継続させるには、より多くの水分を体内に蓄える必要があり、プロゲステロンの働きにより大腸からたくさんの水分を体内に吸収します。このため腸内の水分が減り、普段よりも便が固くなり排便しにくくなります。また、妊娠すると子宮が大きくなり、その中で赤ちゃんが大きくなっていきます。それに伴い、胃や腸が圧迫されて動きが抑制され、便の通り道を狭めて便が詰まったり、ぜんどう運動を妨げて便秘を引き起こします。

 

運動不足やストレスが原因の便秘

 

妊娠すると運動量が減り、筋力が衰えます。腸のぜんどう運動を活発に行うために必要な腹筋や腸周りの筋肉も弱くなるので、便秘になりやすくなります。妊娠中には様々な体の変化を感じたり、出産や育児などの今後の生活への喜びや不安など気づかぬうちにストレスを抱えます。精神的に不安定になると自律神経が乱れ、正常な排便を促す腸のぜんどう運動が鈍くなり便秘になります。つわりで食事があまり食べられなくなったりする事でも水分不足となり便秘に繋がります。

 

食生活の改善による便秘の対策

 

便秘の対策には水分補給が必須です。朝起きたらコップ1杯の水を飲むと腸の動きが活発になります。妊娠中は一日に必要な水分量が増えるので、こまめに水分補給する事を心がけましょう。その他の飲み物にも便秘解消の効果があります。生姜には体をポカポカにしてくれ、腸のぜんどう運動を活発にしてくれる働きがあり、たんぽぽ茶には緩やかに便通を促してくれる働きがあります。そして、食事の内容を見直してみて下さい。食物繊維を多く含む、不溶性食物繊維(穀物・豆類等)や水溶性食物繊維(こんにゃく・海藻類・プルーン等)をバランスよく摂取して下さい。食物繊維は腸内環境を改善し排便を促す働きがあります。ヨーグルト・チーズ等の乳製品や納豆・味噌等の発酵食品に多く含まれている乳酸菌も摂取しましょう。腸の働きを整えてくれる作用があります。食後などは胃腸が刺激されてぜんどう運動がおこるので、決まった時間にトイレに行く習慣をつける事でも排便が習慣化しやすくなります。

 

運動による便秘の対策

 

ヨガ・ストレッチ・ウォーキング等を適度にする事で便秘は解消されます。マタニティーヨガなる本が数多く出ています。家で簡単に行う事が出来るヨガやストレッチを始めて、体の側部を伸ばしたり仰向けになり体をひねるポーズをしたりと、妊娠中に動かす事の少ない部分を動かして便秘解消を図ってみましょう。気軽に始める事の出来るウォ―キングには、骨盤が揺れて腹筋が刺激される事で便秘解消に効果があります。

 

そして、拭き掃除も立派な運動になります。四つんばいになり腰を左右に動かしながら両腕を伸ばすので、背筋をたくさん使い背中側から腸を刺激する事が出来ます。身体が冷えていると腸のぜんどう運動が低下して便秘を悪化させてしまうので、半身浴などをして身体を温めて腸の活動を活発化させたり、便秘に効くツボを押したりする事もおすすめです。ただし運動は、身体に負担のかからない範囲で無理なく行いましょう。

 

妊娠したら便秘になるのは仕方のない事です。お腹の赤ちゃんの為にも便秘についてよく理解をして、適度な運動、食生活に気を付けて便秘を解消して快適な妊娠生活を送りましょう。