たるんでしまったら、ハリのある肌を取り戻すことは出来ないの?

たるんでしまったら、ハリのある肌を取り戻すことは出来ないの?

女性がアラサーを迎える頃から少しづつ気になり始めるのが、シミ、しわ、たるみです。

 

小じわであれば、保湿をしっかりするだけでも簡単に改善する場合もありますし、今はシミに対して優秀な美白美容液や、日中使いながらシミケア出来るというコンシ―ラーなどで上手に隠す事も出来ますが、たるみは、なかなか改善する事が難しい肌悩みです。
では、一回たるんでしまったら、もうハリのある肌を取り戻すことは出来ないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

確かに、小じわに比べれば時間はかかるかもしれませんが、お手入れを頑張ればたるみを改善させることは可能です。

 

たるみが出来る原因は、大きく分けて、「肌の弾力の低下」「表情筋の衰え」「悪い姿勢」です。

 

まず、肌の弾力の低下は加齢現象ですから、悲しい事ですがある程度は仕方ありません。しかし、肌弾力の低下は、基礎化粧品でしっかり保湿し乾燥を防ぐ事と、紫外線対策をしっかりする事である程度遅らせる事が出来ます。

 

表情筋の衰えは、ドキッとした方もいるのではないでしょうか。私たちは無意識の時に恐ろしいほど無表情で過ごしている事が多いのです。

 

無表情でいる時間が増えてくると、当然顔の筋肉が衰えてきます。筋肉が衰えると皮下脂肪を支える事が出来ずに少しづつたるみが進行してしまうのです。この「少しづつ」というのが恐ろしいところで、知らず知らずのうちに進行している為、自分では気付きにくくある時愕然とするというわけです。

 

表情筋を鍛える為には、毎日の顔ヨガや、表情筋を鍛えるストレッチをコツコツ続ける他に、美顔機を取り入れるのもおすすめです。最近の美顔機はとても性能が良いので、ボーナスの時に奮発してみてもいいですね!

 

姿勢に関しては少し意外かもしれませんが、姿勢は顔のみならず、体全体のラインや内臓の位置にもかかわってきます。猫背で背骨が曲がっている人は、首や顔が前に突き出した格好になりますので、二重あごになり、マリオネットラインなどが出来てくるのです。
正しい姿勢を続けるのは、最初はしんどいかもしれませんが、慣れてしまえば悪い姿勢の方が疲れるという事に気づくと思います。
そうなればもう、こっちのものです!

 

仕事の合間に気づいたら姿勢を正す、歩いてる時にお腹を引っ込めて肩を引く、と習慣化してください。

 

以上の事以外にも、食生活や飲酒喫煙という生活習慣もたるみには大きくかかわっています。出来るだけタバコは止めて、お酒も控えた方がいいですね。